2015年08月19日

人間の購買意欲をいとも簡単に高める方法をご紹介いたします。

突然ですが
「売上がまったく上がらない」
「広告を出稿したのに、まったく効果がなかった」
「集客はできているのに、まったく購入に繋がらなかった」
「商材やレポートを作成してもまったく読まれない」

このよな悩みの問題を抱えていませんか?



この悩みの問題を解決する方法のひとつとして、
商品提供側が、この「購買意欲」を深く理解した上で販売戦略を立てることが必要になってきます。

人間の購買意欲という部分に焦点を当て考えなければいけません。


購買意欲というのは、
人間の心理に深く影響しています。


なので、「人間が商品を購入するときの行動プロセスや心理学」について、
深く精通する必要があるのですが、そんな難しいことを言われても・・・

と思われる方もいると思いますので、
ここでは、簡単に重要なポイントをご説明していこうと思います。



「人間の心理」というのは「色」や「デザイン」などの
視覚的情報によって無意識のうちに影響を受けているものなのです。


何気なく見ている色やデザインにも、
購買意欲が高められるような工夫がされています。



例えば、マクドナルドやモスバーガーなどファーストフード店では、
回転率を高めるような「人々を急がす効果がある“赤色”」が使われていす。


また、長居しやすい雰囲気を作るために喫茶店では、
「人々を落ち着かせ、リラックスさせる」効果のある「木目やベージュ」が使われています。



このように、ターゲットとする人物像や、どのようなイメージを植え付けたいのか
といったブランディング戦略に「色」の要素は欠かせません。


「色彩心理学者」によれば、インターネット上において商品が
「受け入れれるか」「拒絶されるか」の60%は、“色”の印象によって
左右されている。とされています。


当然、人間の「購買意欲」を高めるにも、
「色」というのは重要な要素になります。




また購入意欲に影響を与えるのは色だけではありません。
色を含む、全体のデザイン性も重要な要素になります。


例えば、全体的に見にくく、デザイン性の低いホームページなどでは、
デザインを基準に良し悪しを決める訪問者が約40%以上。


デザインを理由に再びそのホームページを訪れない訪問者の割合は、
なんと約50%以上もの結果がでています。


これらの数字は、ホームページだけに関わらず、
人間はすべての認識する情報量の80%以上が視覚情報から
無意識のうちに物事の判断を決定づけている研究結果もあります。


このようにデザインは、貴方のお客様から「買いたい!」「信用できそう!」
という感情の背中を押してあげることができる大事な要素なのです。



そのためにも、貴方が真っ白なデザインの商材やレポートを作成しているのであれば、
今、無料でお配りをしているデザインワードテンプレートを使ってみてください。

⇒ http://inprester.biz/item/82153/4427/

この無料でお配りをしているデザインワードテンプレートは、
私たちも使用しているテンプレートのひとつです。


そのため、デザインひとつでも、お客様の購買意欲を高めるための
工夫がこなされているようにデザインの依頼して作成したものになります。


また、購買意欲を高めるだけではなく、クオリティが高いデザインのため、
信頼性を得ることが出来たり、貴方のブランディングを確立することも出来ます。



一件デザインが施されていれば何でもいいと思ってしまいそうですが、
しっかりと最後までレポートや商材を読んでもらい読者の記憶に残るような
デザイン性までを意識して作成したテンプレートは多くありません。


ですので、まずは今回特別にお配りをしている、
デザインワードテンプレートを無料で使ってみてください。

⇒ http://inprester.biz/item/82153/4427/



最後までご覧いただきありがとうございました。
posted by a0s9z8x7 at 10:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: